ブログTOP.png
<< お知らせ | main | 小さいバランスボールトレーニングその1 >>

走るためのチューブトレーニング

2014.10.10 Friday
マラソン大会に参加する患者さんのために今回は

「まだ間に合う!○○マラソンへ向けてのチューブトレーニング」と題しまして、台風が来ても自宅で鍛えられちゃうトレーニングをやってみました!!

様々なトレーニングがありますが、今回はその中でも下半身の安定性を高めてくれるトレーニングを中心にご紹介

鍛え上げた脚力をさらに効率よく地面に伝えるためにバシバシやってみて下さい!


「レッグエクステンション」


定番中の定番!やっぱりそれかい!とツッコミをいれてしまうくらいですが、それだけ大事ということです

ポイントはなるべくつま先を外に向けて膝を伸ばしきってみて下さい

膝上の太ももの内側にビシビシ効いていたらバッチリです!

そして今回行うすべてのトレーニングは力が入ることが目的です

簡単言えばその筋肉が意識できたらOKです

レース前ですから無理は禁物です

5〜10回 3セットを目指してバシバシ行いましょう!

 
「チューブスワッテレッグカール」


脚を身体の後ろに送り出す太ももの裏の筋肉を鍛えるわけですが

普段走っている時に私はつま先が外を向いている!という人には是非やって頂きたいトレーニングです

5〜10回 3セットを目指しましょう!


「チューブネテレッグカール」


うつ伏せの状態でレッグカールをします

これは先ほどとは逆に、普段走っている時につま先が内側に向いている方向けのトレーニングです

5〜10回 3セットを目指しましょう!


「サイドキック」


お尻の横っちょの筋肉を鍛えるトレーニングです

この筋肉がないと真っ直ぐ走れません!

注意点は脚の位置が身体より前にいかないように真っ直ぐか、やや後ろ気味にキックしましょう!

5〜10回 3セットを目指しましょう!


「サイドバックキック」


お尻から脚を真っ直ぐにした状態でやや外側後ろに向けてキックします

走っている時に私は内股だ!という人に大変有効です

注意点は腰が反らないようにしてやりましょう

5〜10回 3セットを目指しましょう!


「インサイドバックキック」


お尻から脚を真っ直ぐにした状態でやや内側後ろに向けてキックします

走っている時に私はがに股だ!という人に大変有効です

注意点はこちらも腰が反らないようにしてやりましょう

5〜10回 3セットを目指しましょう!


「ヨチヨチステップ」


脚の幅間隔を保ったまま走る練習初級編です

広がり過ぎたり狭まらないように頑張りましょう!

30〜60秒間 3セットヨチヨチします


「ランニングステップ」


脚の幅間隔を保ったまま走る練習上級編です

上下動がなるべく少ないように頑張りましょう!

30〜60秒間 3セット!

どのトレーニングもチューブがなくても良いのではないか疑惑があるくらい効果の高いものです

チューブを使うことで、この筋肉を使っているぞー!という意識がしやすくなると思って下さい

また本番直前ですから無理のないよう細心の注意を払いながら、怪我のないよう行って下さい

わからなかったらクマノスで一緒にやりましょうね!

ちなみにチューブをお持ちでない方はクマノスにて「クマノスバンド」2本セット500円で販売してますのでスタッフまで〜

 
クマノスやってみたcomments(0)|-|by Kumanos
コメント









 
ページの先頭へ